★3分で読める社会貢献★エンチャイルドblog

NPO法人エンチャイルドの広報担当、地球村山歩がお届けするブログです。エンチャイルドは、主にフィリピンの子どもたちを対象とする教育支援(共育プログラム)と草の根国際交流、社会教育を行っている非営利団体です。子どもたちが受益者から支援者へと成長していくために、「ピース・アドボケイト(平和の擁護者、推進者)」の育成に重点を置いて活動しています。支援先現地を訪問するスタディーツアーを年に2回程度実施しています。2020~2022年はオンラインでの交流が主な活動となりましたが、2023年6月22日から26日には4年ぶりのスタディーツアーを実施することができ、成長した子どもたちとの再会を果たしました。

2023年07月


 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 7月22日に行われた「エンチャイルド・スタディーツアー2023」報告交流会からお届けしています。今回は、ミンダナオ北東部地域ブトゥアン市バランガイ・マサオのエンチャイルド奨学生、ウェンデリン・マノロさん(Asian College Foundation大学2年)のツアー体験発表をお届けします。

 日本のアニメも大好きなウェンデリンさん、流ちょうな日本語でも話してくれました。

Butuan s-433+
左端がウェンデリンさん

 まずは皆さん、こんばんは。
 2023年6月に行われたエンチャイルドのスタディーツアーで感じたことをお伝えできることを私はとてもうれしく思います。バランガイ・マサオ(ブトゥアン市)の何人かのエンチャイルド奨学生が期末試験のため、定刻どおりに到着できなかったことが大変残念です。でも、皆さんと再会が果たせて良かったです。

 スタディーツアーの印象についてお話しします。6月といえばエンチャイルドがスタディーツアーを行い、これまで共に祝ってきた月でしたので、6月に行うことができたのは素晴らしいことでした。
 以前のスタディーツアーと比べ、日本の支援者の皆さんが多く来られなかったのはちょっと残念でした。しかし皆さんは、最善を尽くしてフィリピンに来てくれました。4年ぶりに皆さんと再会できて良かったです。

 当日はさまざまなプログラムがあり、楽しかったです。特に、Eさん(日本の参加者)がフィリピンの伝統的なバンブーダンス、「ティニクリング」を踊り、さらに他の日本の皆さんも挑戦してくれ、私たちのダンスを楽しんでいる様子を見ていて私はうれしかったです。

 皆さんと一緒にゲームをしたことは、とても楽しい思い出です。私も楽しかったですし、皆さんも楽しそうでした。特にSさん(日本の参加者)は、私たちとのゲームに熱中して、疲れて眠たそうでした。それ程私たちとの交流を楽しんでくれていたのだと思います。

 スタディーツアーのイベントを通じ、SさんやEさんのような日本の支援者のお姉さんたちと話すことができて、私はとてもうれしかったです。
 皆さんがフィリピンを訪ねてくださって、私は本当に良かったです。早くまた再会したいです。皆さんが無事に帰国して、また来年の6月がやって来ることをお祈りしています。

 ウェンデリン・マノロ

報告交流会2023_7月22日_230722_27+
報告交流会で体験発表する
ウェンデリン・マノロさん

 First of all, good evening, everyone. I’m so happy that I’ll be able to share what I feel about the previous study tour that was conducted last month. I’m very sorry that some of us from Masao didn’t get there on time. It because we were having a final examination, but we did our best so that we could see everyone again, and we’re so excited. 

 My impression of the study tour is great since it was held in June, and the month of June becomes part of Enchild when it comes to celebrating. The previous study tour is not the same as before, but it’s still great. Only a few Japanese sponsors attended the event, and it’s kind of sad that some of them weren’t able to come. But everyone did their best to visit us here in Philippines, and I’m very happy. But still we were able to meet some of the beneficiaries and it’s good to see them again after 4 years. 

 A lot of things happened that day, and it was fun. Especially when Erika-nee san does the traditional dance of the Philippines, the Tinikling, some of them try it, and it’s good to see them enjoying our dance. 

 On games, it’s very fun; I enjoy it, and everyone else does, especially Shizuyo-nee san, who tried to play the games and by playing them it made her want to sleep because she was tired but she enjoyed them. 

 At that event, I'm also so happy that I’ll be able to talk to some of the Japanese sponsors, like Shizuyo-nee san and Erika-nee san and it so good to have everyone here in Philippines. I can’t wait to see them again. I’m also happy that they got home safe, and I hope the days go faster and become June again.

Wendelyn Manolo

Butuan 20230624-21+
バランガイ・マサオのエンチャイルド奨学生たち
前列左端がウェンデリンさん

 エンチャイルドのYouTubeチャンネルにもぜひお立ち寄りください! チャンネル登録もお忘れなく!


ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月25日号

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月15日号
 
ENCHILD NEWS & REPORT 2023年6月25日号

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD




 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 今回は、7月22日に行われた「エンチャイルド・スタディーツアー2023」報告交流会から、マニラ市トンド地区バルットのエンチャイルド奨学生、ジョン・ウェンデル・アンブロシオ君(テクノロジカル・ユニバーシティー・オブ・ザ・フィリピンズ4年生)のツアー体験発表をお届けします。

Manila_230628_13+
右がジョン・ウェンデル・アンブロシオ君

「全ての人の明るい未来を切り開いていくために最善を尽くします」

 NPO法人エンチャイルドとリサール工科大学との共催で、素晴らしいスタディーツアー2023の支援式典を企画してくださり、皆さんに心から感謝申し上げます。
 エンチャイルド奨学生として、私たちはその場を通じて再び各自の夢に火を付け、想像を超える限界に向かって挑戦する旅を出発しました。

 エンチャイルドによって結ばれたかけがえのないパートナーシップのおかげで、スタディーツアーという貴重な機会が実現したことに私は深く感謝いたします。
 教育支援と若者たちを育てる揺るぎない皆さんのコミットメントは、誠に称賛に値するものです。皆さんの支援を通じて、私たちは大きな夢を描き、熱意をもって志に向かうための機会を与えていただきました。

 リサール工科大学の皆さんが温かい心で私たちを歓迎してくれたことにも感謝しています。
 エンチャイルドの皆さん、私たちの可能性を信じ、新たな高みへと飛翔するための力を与えてくださってありがとうございます。
 私たちは共に、限りない夢を追求し、全ての人の明るい未来を切り開いていくために最善を尽くします。

ジョン・ウェンデル・アンブロシオ

報告交流会2023_7月22日_230722_23+
報告交流会で体験発表をする
ジョン・ウェンデル・アンブロシオ君

 The Rizal Technological University deserves our sincere gratitude for organizing the remarkable Study Tour 2023 in association with Enchild Philippines. As scholars, we embarked on a journey that ignited our dreams and pushed our boundaries beyond imagination.

 We extend our deepest gratitude to Enchild Philippines for their invaluable partnership, making this journey of a lifetime possible. Their unwavering commitment to education and nurturing young minds is truly commendable. Through their support, we have been given the opportunity to dream big and chase our aspirations with fervor.

 We are grateful that Rizal Technological University welcomed us and opened its doors and heart. Thank you, Enchild Philippines, for believing in our potential and empowering us to soar to new heights. Together, we will continue to dream without limits and shape a brighter future for all.

John Wendell Ambrosio

est20230625_63
est20230625_007


 エンチャイルドのYouTubeチャンネルにもぜひお立ち寄りください! チャンネル登録もお忘れなく!


ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月25日号

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月15日号
 
ENCHILD NEWS & REPORT 2023年6月25日号

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD





 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 7月22日に行われた「エンチャイルド・スタディーツアー2023」報告交流会から。

 今回は、ミンダナオ北東部地域ブトゥアン市バランガイ・ロサンゼルスのエンチャイルド奨学生、ユリシス・カニ君(カラガ・ステート大学3年)のツアー体験発表をお届けします。

 スタディーツアーに臨むエンチャイルド奨学生たちの思いや興奮がよく伝わってくる発表です。

Butuan s-422+
右から2人目がユリシス・カニ君
DSC06873+
左から2人目、一番背が高いのがユリシス・カニ君

 皆さん、こんにちは。私はユリシス・カニと申します。
 去る2023年6月24日にバランガイ・ロサンゼルスで開催されたスタディーツアーの感想をお話しします。こうして皆さんにお話しできることを大変ありがたく思います。

 私たちに期待をかけ、私たちを明るい未来へと導いてくださっている理事長の継続的なサポートに感謝します。また、私たちを援助し続けてくださる、愛する支援者の皆さまのご努力に感謝します。

 それでは、スタディーツアーで私が体験したこと、観察したことをお話しします。
 
 私たちバランガイ・ロサンゼルスの受益者たちは、スタディーツアーの支援式典を成功させるために前もって計画を立てました。

 私も会場の準備を担当しました。とても大変でしたが、前回このような集まりを開いてから4年近くたっているので、受益者の一人として、イベントをなんとか成功させたいと願いながら、興奮しながら準備を整えました。

 プログラムが始まろうとする時、長い間会っていなかった奨学生仲間を見るだけでうれしさがこみ上げてきました。
 愛する日本の支援者の皆さんと交流し、再会できると思うと、一緒に歌ったり、踊ったり、ゲームをしたりした懐かしい過去の思い出がよみがえってきました。
 それは私にとって大切な最高の思い出の一つになりました。今回改めてそのような気持ちを味わえたことは、言葉では言い表せないほど幸せなことだと思います。

 私はエンチャイルド・ファミリーの一員であることを誇りに思っています。それは私を取り巻く皆さんが、夢を実現するためのモチベーションを高めてくれているからです。

 特に今回の支援式典では、皆で円陣を組み、理事長さんと一緒に五本締めの手拍子を行いながら、団結して力を合わせれば、何でもできる、不可能なことは何もないということを示してくださいました。
 この言葉は私の中に残り、エンチャイルド・ファミリーと共に思い出をつくりながら前進し続けるための私のインスピレーションとなりました。

 エンチャイルド・ファミリーの素晴らしさは、言葉では伝えきれません。私はエンチャルド奨学生という、この絶好のチャンスを決して無駄にすることなく、いつの日かその名に恥じない私になることを皆さんに約束します。

(日本語で)どうもありがとうございます!

報告交流会2023_7月22日_230722_09
報告交流会で体験発表するユリシス・カニ君
ひげがトレードマーク!

MY IMPRESSION DURING THE STUDY TOUR

 Good afternoon, everyone, I am Ulysess Cane and I was selected by Mr. Bolongaita to be one of the speakers today to share my impression during the Study Tour held at Barangay Los Angeles last June 24, 2023. I am very grateful to be able to speak in front of everyone and share how I feel during the event. I would like to thank our chairman Mr. Takanori Todate for his continuous support and guiding us to a bright future where we aim to exceed his expectations toward us and I also appreciate the hard works of our beloved sponsors who keep on providing assistance for our needs as a student.

 So without any further ado, I will be sharing my experiences and what I have observed during the Study Tour. After the event we the beneficiaries from Barangay Los Angeles planned ahead of time in order to have a successful event.

 I was also one of the people who made the preparation at the venue and it was so tiring yet I am very excited because it’s been almost 4 years since the last time, we had this kind of gathering so as one of the beneficiaries I can at least wish to have a successful event and lend a hand during the process of organizing the event. 

 As the program was about to start, I am overwhelming with joy just looking at my fellow beneficiaries which I haven’t seen for a long year and it’s surprising to see them all grown up. I was speechless at some point thinking that I can finally be able to interact and reunite with our beloved sponsors and I can’t help but feel nostalgic to the time where we sang, dance and play games together. That was one of the best memories I have cherished and having those kinds of feelings again makes me happy that words is not enough to express how I feel.

 I am proud that I was part of Enchild Family since the people that surrounds me motivate myself to achieve my dreams especially to Mr. Takanori Todate’s message during that time where we are forming a circle and then he used a hand clap as an example for telling us that if we work together by having unity, we can do everything and nothing is impossible to achieve if we work side by side by helping one another. 

 Those words remained inside me and I took it as an inspiration to keep on moving forward by creating memories together with my Enchild family because they are the reason why I keep on dreaming big and one of the best gift God give me. No words is enough to thank how good Enchild Family is, and I promise that I will never waste this golden opportunity and someday I will prove myself that I am worth it. 

Dōmo Arigatōgozaimasu!

Butuan s-044
皆で「五本締め」を行っている場面

 エンチャイルドのYouTubeチャンネルにもぜひお立ち寄りください! チャンネル登録もお忘れなく!


ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月25日号

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月15日号
 
ENCHILD NEWS & REPORT 2023年6月25日号

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD





 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 7月22日に行われた「エンチャイルド・スタディーツアー2023」報告交流会。エンチャイルド奨学生たちのツアー体験の発表は、それぞれにツアーの素晴らしさを伝えるものでした。奨学生たちの体験発表を順次紹介しております。

 今回は、マニラ市トンド地区スモーキーマウンテンのエンチャイルド奨学生、チェリー・ローズ・ラミロさん(大学4年)のメッセージをお届けします。

Manila_230628_286

「夢は、私たちの真の可能性を解き放つ鍵でもあります」

 日本の支援者の皆さんをフィリピンに迎えて行われた素晴らしいイベント(スタディーツアー2023)は、信じられないほど充実していました!

 電気が走るようなエネルギー、活気に満ちた雰囲気、そして皆のあふれる笑顔。魅惑的なパフォーマンスから子どもの頃によくやった遊びまで、この国の豊かな文化に私たちは浸り、忘れられない経験をすることができました。
 スタディーツアーを通じて共有された喜びと笑顔は、私の心を計り知れない幸福感で満たしてくれました。
 スタディーツアーにはこのような機会があるからこそ、私がなぜ人々に対して、異文化の素晴らしさを紹介するのが好きなのかを思い出すのです。次の冒険(来年のスタディーツアー)が待ち遠しいです。

 今回のスタディーツアーのテーマは "Dream without Limits "でした。
 夢とは時に恐ろしいものでもあると私は思います。なぜなら、夢は私たちを不確かな道へと導き、思いもよらない方法で私たちに挑戦してくるからです。
 しかし夢は、私たちの真の可能性を解き放つ鍵でもあります。

 皆さんと再会できたことは喜びでした。特に支援者のコズエさんに8年ぶりにお会いできたことに感謝し、うれしく思っています。再会できたことで胸がいっぱいです!
 改めて、皆さんを愛しています!

チェリー・ローズ・ラミロ

LINE_ALBUM_江口④ Manila_230628_290 (2)+
前列右から2人目ががチェリー・ローズ・ラミロさん

 Incredibly fulfilled after hosting an incredible Japanese event! The energy was electric, the atmosphere was vibrant, and the smiles on everyone's faces made it all worthwhile. From mesmerizing performances to playing our childhood games, we immersed ourselves in the rich culture of our country, creating an unforgettable experience. The joy and laughter shared throughout the event filled my heart with immense happiness. It's moments like these that remind me why I love bringing people together and showcasing the wonders of different cultures. What an amazing journey it was, and I can't wait for the next adventure! 

 As the theme says "Dream without Limits" it is true that dreams can be scary. They can lead us down uncertain paths and challenge us in ways we never thought possible. But they also hold the key to unlocking our true potential, allowing us to discover the depths of our abilities and the heights we can soar. 

 Once again, I'm grateful and happy to see you again especially my sponsor Kozue because its been 8 years. My heart is full on meeting you again! Mahal ko kayo!

Cherry Rose Ramilo

Manila_230628_295+
左がチェリー・ローズ・ラミロさん


 エンチャイルドのYouTubeチャンネルにもぜひお立ち寄りください! チャンネル登録もお忘れなく!


ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月25日号

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月15日号
 
ENCHILD NEWS & REPORT 2023年6月25日号

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD




 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 7月22日に行われた「エンチャイルド・スタディーツアー2023」報告交流会は、大変充実した内容となりました。とりわけ、エンチャイルド奨学生たちのツアー体験の発表は、どれもそれぞれにツアーの素晴らしさを伝えるものであったと思います。

 当ブログでも、奨学生たちの体験発表を順次紹介してまいります。

 今回は、ミンダナオ北東部地域ブトゥアン市バランガイ・アンバゴのオーブレイ・マイルズ・ブクエさん(カラガ・ステート大学3年)のメッセージをお届けします。

報告交流会2023_7月22日_230722_07


「まさに『Love is Unity』なのです!」

 私たちが今回のスタディーツアーで4年ぶりに再会できたことは、私にとってこの上ない喜びと感謝の瞬間でした。
 新型コロナウイルス感染症のパンデミックのために、私たちは多くの大事な時間を失ってきましたが、今年はその失った全てを、新たな素晴らしい思い出によって穴埋めすることができました。

 何よりもまず、日本から私たちに会いに来てくださったエンチャイルド・ファミリーの皆さんの献身的な姿に、私はいつも深く驚かされます。長時間の移動で疲れていたとしても、私たちにもう一度会いたいという皆さんの気持ちはやむことがありませんでした。

 彼らは私たちにプレゼントを用意し、愛情の全てを注いだ素晴らしいプレゼンテーション(メッセージや出し物など、滞在中のやりとり)をしてくれました。彼らは本当に素晴らしい人たちです。

 4年間会えなくても、互いの興奮と熱意は衰えませんでした。毎年、日本からエンチャイルド・ファミリーの皆さんが訪ねてくるたびに見てきたのと同じような喜びが、今年の皆の顔にも表れていました。
 
 準備、発表、ダンス、そして温かい歓迎は、私たちが皆さんに再会できることをどれほど喜んでいるかの証拠でした。笑顔があふれ、お互いの笑い声が聞こえてくるのを見て、私の心は安堵と幸福感で満たされました。

 私は、今回のスタディーツアーを通じて私たちが長年にわたって築き上げてきた絆の強さを目の当たりにしました。
 私たちは愛と平和と団結に満ちた家族になりました。互いを笑顔にし、食べ物を分かち合い、笑顔を交わすことは、見ていてとても素晴らしい瞬間でした。この家族の一員であることがいかに幸せなことかを私は実感しました。

 今年のスタディーツアーもまた、私の心に永遠に残る思い出の一つになりました。人生の幸せな瞬間を思い浮かべた時、いつでもこれらの思い出の一つ一つを私は振り返ることができます。これら全ては、愛があったからこそ可能になったのです。私たちが結ばれている理由は、家族として互いを大切にしているからなのです。

 パンデミックがあろうと、互いの距離が離れていようと、どんな困難が起ころうと、最終的には「愛」が私たちを一つにさせるのだと思います。まさに「Love is Unity」なのです。

オーブレイ・マイルズ・ブクエさん

Butuan s-083+

 It brought me immense joy and gratitude that we were able to see each other again after four years of not seeing each other. We have missed a lot of moments because of the pandemic, but this year, we were able to fill all those gaps and those missed moments with new and wonderful memories.

 First and foremost, I am and will always be deeply amazed by the dedication of our family from Japan to come see us. The long hours of traveling and exhaustion didn't stop them from wanting to meet us again.

 They have prepared us gifts and wonderful presentations in which they poured all their love on them. They are truly amazing.

 Not seeing each other for four years didn't falter the excitement and enthusiasm of everyone. I've seen the same joy in everyone's faces as I've seen whenever our family from Japan visits us every year. The preparations, the presentations, the dances, and the warm welcome were evidence of how happy we are to see all of you again. Seeing everyone's smiles plastered on their faces and hearing each other's laughs have filled my heart with relief and extreme happiness.

 During the event, I saw how strong the bond that we have made over the years. We became a family full of love, peace, and unity. Making each other laugh, sharing food with everyone, and exchanging smiles is such a wonderful moment to look at. These made me realize how lucky I am to be a part of this family.

 This year's study tour is another memory that I will forever keep in my heart. Another memory to cherish and to look back on whenever I think of a happy moment in my life. All of this was made possible because of love. We are bound together because of how much we value each other as a family. 

 Despite what happens, may it be a pandemic, the distance, or any challenges, in the end, love will unite us. Truly, love is unity.

Aubrey Miles Buque

Butuan s-238 (2)+


 エンチャイルドのYouTubeチャンネルにもぜひお立ち寄りください! チャンネル登録もお忘れなく!


ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月25日号

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月15日号
 
ENCHILD NEWS & REPORT 2023年6月25日号

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD



 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。
 
 ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月25日号がYouTubeチャンネルで公開されました。

 7月4日に行われた「エンチャイルド・スタディーツアー2023」報告交流会でのジョニー・ボロンガイタさんのスピーチです。同ツアーを振り返って感想を述べてくれたものです。

 すでに7月24日に投稿したブログ【1333】にテキスト版を掲載しました。大変素晴らしい内容ですので、ぜひぜひ動画版でもご覧になってください。

LINE_ALBUM_NEWS _ REPORT 2023_7月25日号_230726_16
LINE_ALBUM_NEWS _ REPORT 2023_7月25日号_230726_29

愛と献身に満ちた動画メッセージをお届けします!

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月25日号


 エンチャイルドのYouTubeチャンネルにもぜひお立ち寄りください!

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年6月25日号

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月15日号

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD



 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 今回は、7月4日に行われた1回目の「エンチャイルド・スタディーツアー2023」オンライン報告交流会から、ミンダナオ北東部地域のエンチャイルド責任者、ジョニー・ボロンガイタ教授の同ツアーに対する感想コメントを紹介します。

 一言で言って、素晴らしいコメントです。
 エンチャイルドの教育支援がどのようなものなのか、その本質がよくご理解いただけるスピーチ内容です。少し長めですが、ボロンガイタさんの誠実で真実な、愛と献身に満ちたメッセージを最後までじっくりとお読みいただきたいと思います。

 近日、動画でも公開いたします。お楽しみに!

Butuan s-054+
NPO法人エンチャイルド(日本)から感謝状を
受け取るジョニー・ボロンガイタ氏(右、2023年6月24日)

「Love is Unity ~ 愛が流れているので調和が生まれる」

 6月23日と24日に行ったイベントの本題に入る前に、こちらの天候についてお知らせします。
 皆さんがここを訪れた時は好天でしたが、その後は雨が続いています。日本の支援者の皆さんがミンダナオを離れるや否や、雨が降り出しました。
 それは何を意味するのでしょうか。
 ミンダナオのこの地が好天だった理由はエンチャイルドのスタディーツアーが行われていたからだったということです。

 日本の支援者の皆さんがここを訪ねてくれることをこちらでは皆が待ち望んでいました。エンチャイルド奨学生たち、保護者の皆さんの心は非常にわくわくしていたのです。
 互いに4年も会えなかったのですから、考えてみればかなり長い期間でした。

 エンチャイルド奨学生たちは成長が著しいです。
 日本の支援者の皆さんはここに来られて、奨学生たちがもはや小さな子どもたちではないことが分かったでしょう。彼らは外見も内面もこの4年間でかなり成長しました。

 私は日本の支援者の皆さんの大変さを知っています。スタディーツアーに臨むに当たって、多くの挑戦を乗り越えながら準備をしてこられたことでしょう。

 しかし私は信じています。支援者の皆さんの心がエンチャイルド奨学生たちと会いたい気持ちにあふれていたのでスタディーツアーの参加が実現したのです。その気持ちは奨学生たちも同様です。

 エンチャイルドの支援式典や交流会を行うときには、互いを思うエキサイティングな気持ちが混ざり合うようになります。それで、エンチャイルド・ファミリーが相まみえる時間は皆が喜び合える場になるのだと私は思います。

Butuan s-033+
支援式典および交流会で司会進行を務めるボロンガイタ氏

 皆さんがブトゥアン市に到着した6月23日は、十分な時間がなく、カラガ・ステート大学への訪問は難しくなりました。
 その日はホテルに移動し、エンチャイルド・ユースたちとの歓迎夕食会を行いました。夕食会は日本の支援者の皆さんと大学生のエンチャイルド奨学生との良き交流の場となりました。

 その場に参加した大学生の数人は今年(2023年)大学を卒業しました。幼かったフィリピンの子どもたちが成長し、今や大学を卒業するようになりました。私は彼らや彼女たちこそエンチャイルドの実りだと思いました。

 その意味で、フィリピンの子どもたちを支えてきてくれたエンチャイルドに私たちは改めて感謝をささげたいと思います。
 支援者の皆さん、ありがとうございます。

 バランガイ・ロサンゼルスの会場で行われた支援式典と交流会には、大学を卒業して現在、社会福祉士として働いている青年がエンチャイルドに感謝の気持ちを表すために遠方から駆け付けてくれました。
 彼はここから大分離れた場所で仕事をしているので、バランガイ・ロサンゼルスに来るまで8時間もかかるのです。
 彼は式典の場で、エンチャイルドと支援者の皆さんに対して心からの感謝の思いを伝えました。彼のスピーチの場は私にとってとても素晴らしい瞬間でした。

Butuan s-417++
成長するエンチャイルド奨学生たち

 支援式典と交流会では、エンチャイルド奨学生たちの幸せな表情が印象的でした。
 プログラムを通じて、彼らはエンチャイルド・ファミリーが実の家族のような存在であることを改めて実感していました。彼らは今、さらに学業を一生懸命頑張ろうと決意しています。

 皆さんがミンダナオを後にした後日、日本の皆さんのことを思い出して泣いている奨学生もいました。はるばる日本からフィリピンの地を訪ねてくれた支援者の皆さんから、誠実、真実なる愛情を感じたので彼らは涙を流しているのです。
 皆さん、そんな彼らのことを思い浮かべてみていただけたらと思います。

 奨学生たちの中にある信条とは単にエンチャイルドという組織的なものによってできたものではなく、「愛」によって培われてきたものだと彼らは認識しています。ですから私は今年のスタディーツアーのテーマを「Love is Unity(愛は調和することである)」としました。

 私も奨学生たちも、こう信じています。
 「日本の支援者の皆さんが遠方からフィリピンを訪ねてくれる理由は、単にフィリピンに来たいからではなく、皆さんがエンチャイルド奨学生たちを愛しているからだと」

 私は、エンチャイルド・ファミリーの中に調和が生まれる理由は、そこに愛が流れているからだと思います。
 それで今年のスタディーツアーのテーマを「Love is Unity」に定めたのです。
 「Love is Unity」。それが私たちの信条です。
 愛情がなければ、人はこのような活動をしないのです。遠く離れた所にいる、今まで知らなかった子どもたちをサポートしてくれる皆さんのような人たちがいる…。

 エンチャイルド奨学生たちは皆さんから愛を学んだので、その愛を皆さんにお返ししたいのです。
 だから彼らは一生懸命だし、学業にも励み、「他者のために生きる」というライフスタイルを実践したいと思っているのです。
 そして、学校を卒業して社会人になったら、誰もが未来に希望を持てるように、周囲の人々を支援してエンチャイルドに報いたいと思っています。

Butuan s-015+

 「Love is Unity」。
 これがエンチャイルドの基本理念なのだと私は常に心に留めるようにしています。

 6月24日の歓送交流会では、私が教鞭を執るカラガ・ステート大学から教授たちを招き、外舘理事長にエンチャイルドの教育支援(共育プログラム)と社会教育についてプレゼンしていただくことができました。
 「エンチャイルドが持つ社会教育の可能性」について聞いた教授の皆さんは大変感銘を受け、感謝していました。

 人は物質的なもの、見えるものばかりに目を奪われて過ごしてしまいがちな存在です。しかしいかにわれわれは生きるべきで、いかに「自立と共立」を実現する生き方をすべきなのかということをプレゼンを通じて学んだのです。
 その場に参加したエンチャイルド奨学生たちはもちろん、教授の皆さんも共に学び合う場になりました。

image003_+

 最後に今回のスタディーツアー全体を振り返り、私の所感をまとめたいと思います。
 私は大成功だったと思います。プログラムが成功したことは明らかですが、ここミンダナオでは大学卒業生がエンチャイルドから輩出されてきていることが、私が評価する理由です。

 何らかの形で他者をサポートするようになった大学卒業生がエンチャイルドから7人出てきています。成長した彼らの姿こそがエンチャイルドが行ってきた教育の実りだと私は思います。

 来年2024年はエンチャイルドがフィリピンの子どもたちの教育支援を開始してから20周年になります。
 まだフィリピンを訪ねたことのない支援者の皆さま、私はぜひ皆さまにここに来ていただきたいと思っています。

 ここを訪ね、皆さんがサポートされた子どもたちが成長した実りを、直接目にしていただきたいのです。成長したエンチャイルド奨学生たちもまた、皆さんと会えることを楽しみにしています。

 皆さんは日本で多忙な中を過ごしていると思います。しかし何とかスケジュールに折り合いを付けて、フィリピン支援20周年を記念するスタディーツアーに参加し、ここを訪ねていただきたいと思います。
 なぜなら、成長したエンチャイルド奨学生たちもまた、皆さまと会えることを楽しみにしているからです。

 最後になりますが、今回は日本から参加した皆さんにとっても大いに学びのあるスタディーツアーだったのではないかと信じています。

 以上です。

スタディーツアー2023報告会_230704_7
報告交流会で感想を共有するボロンガイタ氏

 エンチャイルドのYouTubeチャンネルにもぜひお立ち寄りください!

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年6月25日号

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月15日号

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD



 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 7月22日、2回目となる「エンチャイルド・スタディーツアー2023」オンライン報告交流会が開催されました。
 参加してくださった皆さま、誠にありがとうございます!

 一言で言って、素晴らしい報告交流会になったと山歩は感じました。
 
 フィリピン側から多くの参加者があり、全体で70人以上が参加してくださる中での開催となりました。

報告交流会2023_7月22日_230722_01
報告交流会2023_7月22日_230722_02

 報告交流会は、以下の流れで進行しました。

☆開始前に懐かしい「スタディーツアー2019」映像を上映
★開会宣言
★「HAPPY ONE FAMILY♪ 2021」上映
★開会のあいさつ
★「スタディーツアー2023」の動画リポートの上映
★体験発表:フィリピン側、日本側交互に
★感想共有:参加者の皆さまからコメントを頂きました
★フィリピン側スタッフからのメッセージ
★閉会のあいさつ
★インフォメーション
★閉会宣言
★「HAPPY ONE FAMILY♫ 10th Anniversary」上映

 特に際立ったのは、エンチャイルド奨学生たちによるスタディーツアー2023の振り返り体験発表。10人の奨学生たちが思い思いに今回のスタディーツアーで感じたことを話してくれました。これが素晴らしかったですね。いずれの発表も、皆さんとぜひ共有したいと心から思った内容でした。

 体験発表をしてくれたのは以下の10人の奨学生たちです。発表順に紹介します。

❶ウェンデリン・マノロさん Wendelyn Manolo
バランガイ・マサオ(ブトゥアン市)

❷ユリシス・カニ君 Ulysses Cane
バランガイ・ロサンゼルス(ブトゥアン市)

❸ジョン・ウェンデル・アンブロシオ君 John Wendell Ambrosio
トンド地区バルット(マニラ市)

❹オーブレイ・マイルズ・ブクエさん Aubrey Miles Buque
バランガイ・アンバゴ(ブトゥアン市)

❺チェリー・ローズ・ラミロさん Cherry Rose Ramilo
スモーキーマウンテン(マニラ市)

❻ブリジェード・ビラルビアさん Brijade Villarubia
ブハン(マガリャネス)

❼ファーリン・ジョイス・リベラさん Ferlyn Joyce Rivera
マルセロ・H・デル・ピラー(カロオカン市)

❽レクサン・ジェーン・ラサップさん Rexan Jane Lasap
バランガイ・パガッパタン(ブトゥアン市)

❾ジュビー・ヒレイ・ジュニア君 Juvy Hilay Jr.
サント・ニーニョ(マガリャネス)

❿グリーザ・メイ・オロンガンさん Greeza Mae Orongan
ダヒカン(マガリャネス)

 奨学生たちの体験発表は、当ブログやニュースレターに掲載し、一部YouTubeチャンネルで動画でもご紹介できればと考えています。お楽しみに!

報告交流会体験発表

 次回の日比オンライン交流会は、8月下旬~9月初旬に時期の開催を予定しています。ぜひご参加ください!

 また、少人数の規模でも、エンチャイルドの活動を詳細を知っていただくための理事長のオンライン講演会「エンチャイルドの目指すもの~自立と共立の社会を目指して」をシリーズで実施していく予定です。チェックをお忘れなく!


 エンチャイルドのYouTubeチャンネルにもぜひお立ち寄りください!

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年6月25日号

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月15日号

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD




 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 本日(7月22日)、午後7時より、2回目となる「エンチャイルド・スタディーツアー2023」オンライン報告交流会を行います。ぜひ参加してみてください。関心のあるかたは、エンチャイルド事務局(info@enchild.org)までご一報ください。

 さて、今回は1回目の「エンチャイルド・スタディーツアー2023」オンライン報告交流会(7月4日)から、マニラ首都圏のエンチャイルドリーダーの一人、キアノ・ロメロ事務局長のコメントを紹介します。

Manila20230625 s-030+
NPO法人エンチャイルド(日本)から感謝状を
受け取るキアノ・ロメロ氏(左、2023年6月25日)

忘れられない交流体験をもたらすエンチャイルド・スタディーツアー

 6月25日、日本から支援者の皆さんやスタッフ、関係者を迎えて、マニラ首都圏でもエンチャイルド・スタディーツアー2023を実施することができました。

 支援式典と交流会には日本の支援者の皆さんの他、エンチャイルド奨学生、保護者の皆さん、会場を提供してくれたリサール工科大学の学生、先生がたが集いました。

 NPO法人エンチャイルドとリサール工科大学のパートナーシップによって、私たちは同イベントを成功裡に行うことができました。

est20230625_002
MOAを交わすリサール工科大学と
NPO法人エンチャイルド(2023年6月25日)

 当日は参加者の皆さんが互いによく交流できる機会が多くありました。
 プログラムはまず、リサール工科大学のキャンパスツアーから始まりました。
 天文学部で望遠鏡で天体を眺める体験をしたり、キノコ栽培の実験室を訪問したりして、エンチャイルド奨学生たちがリサール工科大学のキャンパスを見学することができました。

 日本の支援者の皆さんを会場に迎えてからの支援式典では、リサール工科大学の学生たちによるフィリピンの伝統文化のパフォーマンスなども披露されました。

Manila_230628_134+
Manila_230628_112+

 日本から参加した皆さんがそれぞれのグループに交じってこちらの学生たちと一緒にフィリピンならではの伝統的な人気の遊びを体験したひと時も大いに盛り上がりました。

 そこで重要だったのは、日本の支援者の皆さんとフィリピンの学生たちが交流を通じて互いにより深く知り合うことができたことであり、ゲームを通じて日比両国の参加者たちが互いに協力し合ったことだと思います。

est20230625_63
ENCHILD STUDY TOUR 2023_230628_85

 今回日本の参加者の皆さんが披露してくださった出し物も非常に良かったと思います。
 支援式典で皆さんと一緒に歌を歌ったこともエンチャイルド奨学生たちの思い出に残りました。

 今回のスタディーツアーを通じて私たちは忘れられない体験を得ることができました。
 私はこれを見ている皆さんが次回、フィリピンで行われるこのスタディーツアーに参加してくださることを心待ちにしています。

Manila_230628_63+

 私たちは今後、NPO法人エンチャイルドとしてさらに新たな企画を主催することでしょう。
 どうぞ皆さん、そこに参加してみていただければと思います。私も最善を尽くして準備したいと思います。
 ありがとうございます。

キアノ・ロメロ事務局長(エンチャイルド・フィリピン)

スタディーツアー2023報告会20230704_001

 エンチャイルドのYouTubeチャンネルにもぜひお立ち寄りください!

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年6月25日号

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月15日号

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD



 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 7月22日(土)午後7時(フィリピン時間は午後6時)から、「エンチャイルド・スタディーツアー2023」オンライン報告交流会が開催されます。お気軽にご参加ください!

7月22日報告交流会案内

 日本からのスタディーツアー参加者の皆さんの体験報告はもちろん、フィリピンからの参加者、エンチャイルド奨学生たちのスタディーツアー体験報告も予定しています。お楽しみに!

 報告交流会は以下のようなプログラムを予定しています。

☆開始前には「スタディーツアー2019」の映像が流れています
★開会宣言
★HAPPY ONE FAMILY♪
★開会のあいさつ
★スタディーツアー2023の動画リポート上映
★体験発表:フィリピン側、日本側交互に
★感想共有:参加者の皆さまからもコメント頂けます
★フィリピン側スタッフからのメッセージ
★閉会のあいさつ
★インフォメーション
★閉会宣言
★HAPPY ONE FAMILY♫

参加ご希望のかたは、エンチャイルド事務局【info@enchild.org】までご一報ください!

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年6月25日号

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月15日号

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD



 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 6月25日号「ENCHILD NEWS & REPORT」に続いて、7月15日号も4年ぶりに実施された「エンチャイルド・スタディーツアー2023」の動画リポートです。

 ミンダナオ編に続いての、マニラ首都圏編をお届けしています。

 まずはご覧になってみてください。

LINE_ALBUM_NEWS _ REPORT 2023_7月15日号_230718_1

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年7月15日号

 7月22日(土)午後7時より「エンチャイルド・スタディーツアー2023」報告交流会をオンラインで行います。日本からのスタディーツアー参加者の皆さんの体験報告はもちろん、フィリピンの参加者、エンチャイルド奨学生のスタディーツアー体験報告も予定しています。奮ってご参加ください!

 参加ご希望のかたは、エンチャイルド事務局【info@enchild.org】までご一報ください!

7月22日報告交流会案内

こちらは「エンチャイルド・スタディーツアー2023」
動画リポート(ミンダナオ編)です。
こちらもぜひご視聴ください!
ENCHILD NEWS & REPORT 2023年6月25日号

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD




 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。
 
 久しぶりに箱根の山、金時山に登ってきました。
 絶景の富士山の展望を期待していましたが、あいにく金時山はすっぽり雲の中。

 しかし金時山を選んだ理由はもう一つあります。
 その理由は、この写真の中にあります。

DSC_0036+
DSC_0036++

 金時山の麓にある公時神社。祭られている坂田公時=金太郎(幼名)は「子どもの神」「健康の神」として広く崇められているとあります。

 「子どもの神」と聞いたら、反応しないわけにはいきません。

 すっぽり雲の中ではありましたが、2023年度の子どもたちの健やかな成長を祈願し、エンチャイルド・スタディーツアー2023のTシャツを身に着けて、山頂にて写真も撮ってきました。

金時山登山_230716_28
金時山登山_230716_20
 
 子どもたちには、健康的自立、精神的自立、経済的自立、そして社会的自立をしてほしいと思います。
 自立なくして共立なし。
 子どもたちへの教育支援は、より良い社会=共立社会を創り出すための共育プログラムでもあります。

 おまけの写真も追加しておきます。

金時山登山_230716_11
金時宿り石
DSC_0026+
事務局メンバー

 今回の登山で大変印象的だったのがセミの声。まさにサラウンド♪ 森中にヒグラシの鳴き声が響き渡っていました。今までも何度も聴いてきたヒグラシの鳴き声ですが、今回ほど山中に響き渡る幻想的なセミの声が印象に残ったことはありません。

 以下は、2007年と2008年に金時山で山歩が撮った写真です。晴れているとこんな感じで富士山が展望できます。

金時山20070616
2007年6月16日撮影
20080223_金時山
2008年2月23日撮影
この頃は標高1213メートルとありますね。
現在は1212メートルと表記されています。

 火曜日(7/18)には、「エンチャイルド・スタディーツアー2023」動画リポート(マニラ首都圏編)をお届けする予定です。お楽しみに!

こちらは「エンチャイルド・スタディーツアー2023」
動画リポート(ミンダナオ編)です。
ぜひご視聴ください!
ENCHILD NEWS & REPORT 2023年6月25日号

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD




 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 事務局のメンバーでミーティングは当然のことながら、ほとんどはエンチャイルドの業務に関することなのですが、最近、以下のような内容を共有してみました。

 「あなたがしたいことは?」
 「あなたがなりたいものは?」
 「あなたが行きたい場所(国)は?」
 「あなたが会いたい人は?」

 このブログを読んでくださったあなたはいかがでしょう?

 エンチャイルド事務局の日頃の現場は、中年探偵団的雰囲気が充満しているのですが、これを何とかするのも課題の一つです。

 刺激的な人生をいかに生きるのか。
 刺激的な非営利活動をいかに行うか。

 上記の四つの質問によって普段使っていない脳の部分が刺激されたようでした。
 特に「あなたが会いたい人は?」の質問では、皆深く自身の人生を振り返させられていましたね。

 夢と志を持つ人生。
 成長欲求を刺激する生活。

 これ、大人こそ必要ですね。

あじさい
ユリ
山の花1

 火曜日(7/18)には、「エンチャイルド・スタディーツアー2023」動画リポート(マニラ首都圏編)をお届けする予定です。お楽しみに!

こちらは「エンチャイルド・スタディーツアー2023」
動画リポート(ミンダナオ編)です。
ぜひご視聴ください!
ENCHILD NEWS & REPORT 2023年6月25日号

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD

 


 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

  7月22日(土)午後7時より、2回目となる「エンチャイルド・スタディーツアー2023」オンライン報告交流会を開催いたします。

 フィリピンのエンチャイルド奨学生、関係者も参加する予定です。ぜひご参加ください。

 参加ご希望のかたは info@enchild.org までお気軽にお問い合わせください。

 「子どもたちへの教育支援は、より良い社会づくりのための最短距離であると信じます」

7月22日報告交流会案内


こちらは「エンチャイルド・スタディーツアー2023」
動画リポート(ミンダナオ編)です。
ぜひご視聴ください!
ENCHILD NEWS & REPORT 2023年6月25日号

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD



 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 今日は、マニラ市スモーキーマウンテンのエンチャイルド奨学生、ローズ・アン・マルセロさん(19歳、ST JUDE COLLEGE 1年生)のエッセーをお届けします。

 写真は、スモーキーマウンテンの奨学生たちです。

Manila_230628_295+
エンチャイルド・スタディーツアー2023(6月25日)
中央がローズ・アン・マルセロさん

「私が社会の課題を解決し得る人間であることを証明したい」

 私は貧困家庭で育ちました。両親は助け合いながら私たちを一生懸命育ててくれていますが、毎日生き延びるために必要な食費などの生活費にお金がかかり、余裕がありません。

 朝食の食卓で両親が私たちによく話してくれることは、親として私たちに相続できることは「教育」しかないということです。
 それを聞いた私は何とか両親の期待に応えたいと思っているのです。

 私のような経済的事情を抱えている学生たちはこの国に数多くいます。
 私は大学の先生がたに、私が学業を頑張る理由や努力を理解してもらえるように努めます。

 私は成長することによって、親類や先生がた、周りの学生たちに、私が社会の課題を解決し得る人間であることを証明したいと思います。

 大学に進学し、私は看護士になって、祖母や年配の人々を助けられる人になりたいです。
 そしていつか、私は病院や医師があまりいない地方に行って医療を通じて社会に貢献できるようになりたいという夢を持っています。

 私はエンチャイルドの奨学生であることに感謝しています。そして学生時代に学んでいる医療の分野の知識、スキルを世の中のために生かしたいと思っています。

こちらは「エンチャイルド・スタディーツアー2023」
動画リポート(ミンダナオ編)です。
ぜひご視聴ください!
ENCHILD NEWS & REPORT 2023年6月25日号

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD




 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 今日は、エンチャイルド奨学生、デイシー・モンテスさん(19歳、マルセロ・H・デル・ピラー小学校出身)のエッセーをお届けします。

Manila 20230625-07
マニラ首都圏地域のエンチャイルド奨学生たち

「エンチャイルドを通じてもっと冒険がしたい」

 こんにちは、私はマルセロ・H・デル・ピラー小学校出身のエンチャイルド奨学生、デイシー・モンテスです。
 エンチャイルドは、私が大学の学業で必要なものを経済的に支えてくださるので、これからもこの奨学金プログラムに参加したいと思っています。

 エンチャイルドは他者を尊重し思いやることや、他のエンチャイルド奨学生と友達になる方法も教えてくれます。
 エンチャイルドが奨学生や支援者のかたがたと集まりを持つ時はいつもうれしく感じています。なぜならそこでまた最高の思い出ができることを知っているからです。
 一緒に遊んだり、学んだりするたびに、私は全てを楽しんでいます。

 エンチャイルドを通じてもっと冒険がしたいですし、新しい友達も欲しいです。卒業するまで、そして社会人になっても、ずっとエンチャイルドのメンバーでいたいです。
 この愛すべきすてきなグループにずっといたいと思っています。

Manila20230625 s-180+
右から2人目がデイシー・モンテスさん
デイシー・モンテスさんESSAY

こちらは「エンチャイルド・スタディーツアー2023」
動画リポート(ミンダナオ編)です。
ぜひご視聴ください!
ENCHILD NEWS & REPORT 2023年6月25日号

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD


 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。 

 スタディーツアー2023の動画リポート(ミンダナオ編)を公開しました!

 「エンチャイルド・スタディーツアー2023」動画リポート第1弾は、ミンダナオ北東部地域での様子をお届けします。

 映像でしか伝えられないものもありますね。ぜひご覧になってください。

 感想など、コメントしていただけるとうれしいです。

LINE_ALBUM_NEWS _ REPORT 2023 6月25日号(ミンダナオ編)_230710_12

 「マニラ首都圏編」も近日公開いたします。お楽しみに!

ENCHILD NEWS & REPORT 2023年6月25日号

 エンチャイルド・スタディーツアー2023の結果報告は、動画リポート「ENCHILD NEWS & REPORT」でもお届けいたします。お楽しみに。

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD



 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 今日のブログは、「エンチャイルド・スタディーツアー2023」に参加されたかたの感想をお届けします。

est20230625_63
マニラ首都圏地域のエンチャイルド奨学生と
リサール工科大学関係者、そして日本のスタディーツアー参加者

懐かしい笑顔、変わらない友情、そして成長した子どもたち

  今回のスタディーツアーには、初参加となる私の娘とボランティア活動の仲間を誘っての参加でした。
 久しぶりの懐かしい笑顔、変わらない友情、そして成長した子どもたちと会うことができました。

 成長した彼らは、昨年末現地で行われたクリスマス・プロジェクト(エンチャイルド奨学生自身の企画・実施による社会奉仕活動)を通して、地域を巻き込んでの支援活動を行いましたが、それはとても素晴らしいもので、その姿にとても刺激を受けました。

 今回、現地で彼らに会って、その地域やバランガイに価値観を共用する仲間がいることが、クリスマス・プロジェクトをはじめ、努力し挑戦することの原動力になっているのだと感じました。

 また同行した初参加の二人の笑顔を見ながら、
 いい体験をしてもらったと感じますし、一緒に体験できたことに感謝です。

 最後に、今回のツアーやさまざまなイベントの準備をしてくださった、日本のエンチャイルド、フィリピンの皆さまに心から感謝します!

 ありがとうございました。

(男性、60代)

【一緒に参加されたお嬢さんの感想】

 現地のかたがたや子どもたちと実際に会っての交流は、予想以上の驚きと喜び、そして多くの学びがありました。(女性、20代)

Butuan s-320+

 エンチャイルド・スタディーツアー2023の結果報告は、動画リポート「ENCHILD NEWS & REPORT」でもお届けいたします。お楽しみに。

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD


 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 今回も、「エンチャイルド・スタディーツアー2023」参加者のかたの声を紹介します。

ENCHILD STUDY TOUR 2023_230628_85
マニラ首都圏地域のエンチャイルド奨学生と
リサール工科大学関係者、そして日本のスタディーツアー参加者

子どもたちの輝く笑顔は、エンチャイルドが長年続けてきた教育支援の結晶

 5年振りの参加でした。
 期待と不安が入り混じりながらも、現地に着いたら懐かしさで胸がいっぱいになりました。

 海の向こう側にいる家族のような存在の皆さんの成長に驚き、再会に涙があふれました。

 子どもたちの輝く笑顔は、エンチャイルドが長年続けてきた教育支援の結晶だと思いました。
 夢と志を胸に、希望の花を咲かせながら成長している姿に感動しました。

 今回スタディーツアーに参加できたのも、周りかたがたの理解や応援があったからです。
 本当に感謝しています。(女性、20代)

Manila_230628_22

 エンチャイルド・スタディーツアー2023の結果報告は、動画リポート「ENCHILD NEWS & REPORT」でもお届けいたします。お楽しみに。

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD


 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 「エンチャイルド・スタディーツアー2023」の参加者のかたの体験記を紹介します。

Manila_230628_286

「国境を超えた家族愛の絆」を呼び覚ませてくれたエンチャイルド・スタディーツアー2023

 2019年の実施以来、4年ぶりとなるエンチャイルド・スタディーツアーに参加することができました。
 草の根の国際交流と教育支援、国境を超えた家族愛に触れることのできる体験型のスタディーツアーは、「NPO法人エンチャイルドとは何か?」を最も体感することのできるプログラムなのだなということを改めて感じました。

 今回のスタディーツアーは大成功だったと思います。
 その理由は、日本から9人の支援者が、エンチャイルド奨学生や関係者が住むフィリピンの地(ミンダナオとマニラ首都圏)を海を越えて訪ねたからに他ならないと私は思います。

 日比のエンチャイルド・ファミリーとの間に多くの言葉は必要ありません。互いの笑顔、アイコンタクト、一緒に歌を歌う、一緒に踊る、共に遊ぶ、共に学ぶ、そこから通じ合えるものがたくさんありました。

 「家族になる」というのはどういうことなのか?
 エンチャイルドがこれまで続けてきた19年にわたる日比の交流の足跡はそれをよく教えてくれているなと思います。

 コロナ禍を超え、スタディーツアーを通じてエンチャイルド奨学生と日本の支援者が再会できたという事実は、日比のエンチャイルド・ファミリーの間に流れている「国境を超えた家族愛の絆」を改めて呼び覚ませてくれるものとなりました。(男性、50代)

Manila_230628_257

 エンチャイルド・スタディーツアー2023の結果報告は、動画リポート「ENCHILD NEWS & REPORT」でもお届けいたします。お楽しみに。

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD


 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 先ほど、4年ぶりに開催されたエンチャイルド・スタディーツアーの1回目の報告会がオンラインで行われました。

 参加してくださった皆さん、ありがとうございます。

スタディーツアー2023報告会_230704_2

 総勢27人のかたに集まっていただきました。

 フィリピンからは二人の現地コーディネーターにも参加してもらいました。
 ボロンガイタさんによれば、ミンダナオ北東部地域は、スタディーツアーの後、大雨が続いているとのことでした。 

 報告会では、まず理事長が写真と映像を使って振り返りながら、スタディーツアー2023の全体をリポートしました。その後、スタディーツアーに参加した皆さんがツアーの体験や感想を順番に述べ、フィリピンの二人のリーダーの皆さんも今回のスタディーツアーの評価と感想を話してくれました。

 ツアーに参加した皆さんは、一様に「来年もツアーに参加したい」と表明してくださり、広報担当の山歩にとっては至福の報告会となりました。

Manila_230628_5

 来年のスタディーツアーに関する具体的なことはまだ何も決まっていませんが、現地の大学との連携・協力の度合いが高まり、社会の問題解決へのコミットメントとともに、国際交流色の強いツアーになるのではないかと予測しています。

 交流相手となるエンチャイルド奨学生たちは、シニアハイスクールや大学生が多いですので、英語研修の要素も取り入れられるプログラムを設定できれば、国際交流や英会話に関心の大学生や青年の皆さんにとって英語でフィリピンの若者との交流ができるプログラムは大変魅力的なものとなることでしょう。

 エンチャイルド・スタディーツアー2023の結果報告は、ニュースレターやブログ、動画リポート「ENCHILD NEWS & REPORT」でもお届けする予定です。ご期待ください。

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD

 


 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 ご存じのとおり、エンチャイルドは海外教育支援を主な事業として活動している NPO、NGO団体です。

 「世界の子どもたちを元気にしよう」「子どもたちが夢と志を持って生きられる社会を実現しよう」のスローガンの下、現在は主にフィリピンの貧困の事情を抱えた子どもたちの教育支援(奨学金給付 他)を行っています。

 「子どもたち」とひとくくりで言いましたが、実際には一人一人が個性と人格を持った存在であり、その一人一人が自らの意思を持ってそれぞれの人生を生きているわけです。ですから、エンチャイルドの活動を伝える時も、一人一人にフォーカスしてその姿を伝えることは意義があることだと考えます。

 エンチャイルド奨学生たちがつづったエッセーをしばしば紹介する理由もそこにあります。

 さて今回は、一人の頑張り屋の少女の物語を紹介したいと思います。
 現在医療系の大学に通う3年生で、看護師を目指して日々奮闘しているカリル・ダイアン・アママンパンさんです。
 彼女は2021年度の「ピース・アドボケイト・アワード・オブ・ザ・イヤー(年間ピース・アドボケイト賞)」にも選ばれました。エンチャイルド・ユースの活動も先頭に立って頑張っているエンチャイルド奨学生の一人です。

DSC069361000
2021年度の年間ピース・アドボケイト賞を
受賞したカリル・ダイアンさん(右)

 山歩もまた、今回のスタディーツアーでカリルさんとの久しぶりの再会を果たした一人ですが、再会の記念にと、彼女からお手紙と大学での歩みを説明文付きの写真カードにまとめたものを贈り物として受け取りました。
 大学も実習の毎日で忙しそうでしたし、さらにエンチャイルドのスタディーツアーの準備も重なってタイトな毎日を過ごしている様子でした。写真カードも徹夜で用意してくれたようです。

 カリルさんの手紙を読み、写真カードを見て、山歩は心を強く動かされました。
 そこにはカリルさんがピース・アドボケイトとして、共立社会の担い手として生きようとする姿が生き生きと写し出されていたからです。手紙を読みながら、写真カードを見ながら、彼女を誇りに思いました。

 全力で生きている姿に触れて、山歩は思わず「健康が第一だよ。自分を大切にして」とカリルさんに声をかけました。彼女はエンチャイルド奨学生としての資格、ピース・アドボケイトの実践者として責任を十分に果たしていました。

カリルさん‗001
カリルさん‗002
写真カードと手紙は、本人の許可を得てご紹介しています

 エンチャイルド物語の主人公は彼女だけではありません。
 全てのエンチャイルド奨学生たちがエンチャイルドの物語の主人公ですし、実際に彼らはそのように生きているのです。

 山歩はそのこと知っていますし、その事実を、一人一人の成長物語を、支援者の皆さんにお知らせしなければならないといつも思っています。それが以前もお話ししたことのある、エンチャイルド物語を書きたい動機でもあります。

 6月25日の夕刻、カラガ・ステート大学の先生たち6人が参加する夕食交流会で山歩は、「エンチャイルドの教育支援(共育プログラム)と社会教育プログラム」をテーマにレクチャーをさせていただきました。

 プレゼンの最後に先生がたに申し上げました。
 「これがエンチャイルドの提言であり、未来の担い手である子どもたちを育成する方法に関する仮説です」と。そして「この仮説が正しいかどうかは、私の話ではなく、エンチャイルド奨学生たちの実体を見て判断してください」と申し上げました。

 その時、4人のエンチャイルド・ユースのメンバーも同席していましたが、彼らの輝く笑顔がその答えを雄弁に語ってくれていると山歩はうれしくなりました。

夕食交流会_20230624
大学関係者を招いて行われた夕食交流会で(6月25日)
 
 7月4日(火)午後8時より、オンラインで「エンチャイルド・スタディーツアー2023」の1回目の報告会を予定しています。ぜひご参加ください(お問い合わせは、info@enchild.orgまで)。

スクリーンショット 2023-06-29 202502
7.4オンライン報告会案内

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD



 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。
 
 6月24日、フィリピン・ミンダナオ北東部地域ブトゥアン市バランガイ・ロサンゼルスの会場にてエンチャイルドの交流プログラムが行われました。

 エンチャイルド理事長のスピーチの順番になりましたが、理事長はスピーチをせず、「Love is Unity…」をテーマに急きょ日本の伝統文化として「五本締め(三三七拍子)+」を紹介。理事長は「みんなで一つになるゲームをしよう」と呼びかけました。

 こういう文化交流もありかもしれませんね。

Butuan s-044

 その場面を動画でご紹介します。
 ぜひご覧になってみてください。子どもたちの反応やいかに…。



 7月4日(火)午後8時より、オンラインで「エンチャイルド・スタディーツアー2023」の1回目の報告会を予定しています。ぜひご参加ください(お問い合わせは、info@enchild.orgまで)。

スクリーンショット 2023-06-29 202502
7.4オンライン報告会案内

エンチャイルドのYouTubeチャンネル登録をお願いします!
グッドボタンもポチっとしていただければ励みになります
Subscribe to ENCHILD channel!

★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 世界の子どもたちを元気にするプロジェクトを応援してみませんか?

 エンチャイルドは子どもたちのサポーター大募集中です!

 国際協力、海外教育支援に関心のあるかたは、info@enchild.org までお問い合わせください。

ENCHILD

↑このページのトップヘ