★3分で読める社会貢献★エンチャイルドblog

NPO法人エンチャイルドの広報担当、地球村山歩がお届けするブログです。エンチャイルドは、主にフィリピンの子どもたちを対象とする教育支援と共育(草の根国際交流)活動を行っている非営利団体です。子どもたちが受益者から支援者へと成長していくために、「ピース・アドボケイト(平和の推進者)」の育成に重点を置いて活動しています。支援先現地を訪問するスタディーツアーを年に2回実施程度しています(2020~2022年度はオンラインで実施)。サポーター、スタディーツアー参加者募集中です! お問い合わせください。★世界の子どもたちを元気にしよう!★

Category: インドネシア

 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 今回は、2017年12月8日~13日に行われた第2回のインドネシア・スタディーツアーに参加した男性の体験記です。

5G4A0001082

「子どもたちはみんな夢を持って生きていた」


 今回、初めてインドネシアに行きました。エンチャイルドの活動を続けるに当たって、改めて、自らの目的を再確認するためにスタディーツアーに参加しました。

 今回のツアーを通して印象に残った三つのことをお伝えします。

5G4A0001327

24993363_832597800261168_6851541965787867020_n

(1)力を与えられた子供たちとの交流

 インドネシアでは、日本語を学んでいる学生が多くいて、日本語で会話ができる機会が多々ありました。

 バリ島キンタマーニ、バトゥール山麓で行った植林活動。もちろん植林も初めての経験で、自分の植えた木が生い茂っていくのも楽しみですが、それだけでなく、現地の日本語を学んでいる学生たちと日本語で交流ができたことが、とても楽しかったです。

5G4A0000607
バリ島バトゥール山麓での植林活動

 日本からこんなに離れた場所に日本語を学んでいる学生たちがいる……。そのうちの一人、アリ君とじっくりと話をすることができました。

 彼は将来、漫画家になるために日本語を勉強していると語ってくれました。ちなみに、アリ君の好きな漫画は「ワンピース」。

 日本語で会話ができたこと、日本語を一生懸命勉強している学生たちがいることがとても刺激的でした。

5G4A0000902

 ジャワ島のスラバヤ市では三つの学校を訪問し、子どもたちと交流しました。ほぼ全員がイスラム教徒で、ほとんどの女の子がヒジャブを被っていました。

 子どもたちは、僕が簡単なインドネシア語であいさつするだけで盛り上がったり、一緒に写真を撮ったりと、明るい笑顔で僕たちを歓迎してくれました。たくさんの子どもたちとツーショット写真を撮りました。

 やはり、子どもたちのパワーはすごいものがあり、僕たちが来たことを喜んでくれていて、僕もうれしかったです。

5G4A0000986

5G4A0000978

(2)自分の目で確かめた教育支援の最前線

 今回は、エンチャイルドがクラウドファンディング(インターネットを通じた資金調達)を通じて取り組んだプロジェクトの成果(支援金)を持ってインドネシアを訪ねました。

 よく「募金しても、目的のために正しく使われていないのではないか」という話を聞きますが、今回集まった支援金は、間違いなく児童・生徒のために使われました。

 支援先の学校で使うパソコンを購入するために、僕も校長先生たちとパソコンショップに同行し、目の前で多くの人たちのまごころのこもった支援金が使われるのをしっかりと確認しました。これほど、透明性のある支援活動はほとんど聞いたことがありません。
 
 クラウドファンディングに協力してくださった全ての皆さんに感謝です。

5G4A0001384
支援先の校長先生(左)と一緒にパソコンを購入
content_5035f1c21e65519b17154a6f2eb9b3296fc30896
エンチャイルド(日本の皆さん)の支援によって
カルタジャヤ校の教室に設置されたパソコン

(3)日本の若者たちがエンチャイルドの活動に参加することの意味

 残念ながら、日本の若者の自殺率は先進国の中でトップです。物質的にも経済的にも恵まれているはずの日本の若者が、希望を持てずに自ら命を絶ってしまう現状があります。

 インドネシアに限りませんが、途上国の子どもたちは、物質的にも経済的にも大変な状況にあっても、皆、将来の夢を持ち、一生懸命生きています。
 
 彼らは日本人が持っていないものを持っていました。そしてそれは、今の日本人にとってとても必要なものだと思いました。

5G4A0001047

 日本の若者が海外の子どもたちと触れ合うことで、心の中に眠っている情熱や希望を目覚めさせてほしいと思いました。そのために、僕も含めて一人でも多くの日本の若者たちに、このエンチャイルドのスタディーツアーに参加してほしいと思います。

5G4A0000993

 今回のスタディーツアーへの参加を契機に、主体的にエンチャイルドの活動を推進していきたいですし、エンチャイルドの魅力を積極的にPRしたいと考えています。


エンチャイルドへの参加方法



★読者登録お願いします★


◆エンチャイルドの海外教育支援は、ひと月一口1000円から始められます!◆
info@enchild.org

 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 今回と次回は、インドネシア・スタディーツアー参加者の体験記をお届けします。

 まずは、2017年3月18日~24日に行われた第1回インドネシア・スタディーツアーに参加した女性の体験記です。

17498549_1875717142644801_3559183238877652024_n
カルタジャヤ校での全体記念撮影(第1回インドネシア・スタディーツアー)

第1回インドネシア・スタディーツアーに参加して
「言語や宗教が違っても、心が通じ合える、家族になれる!」

 今回、インドネシアツアーに参加を決めたのは、フィリピンツアーに過去3回参加し、エンチャイルドの活動にも関わりながら、そこに家族愛を感じてきたからでした。

 正直、インドネシアという所がどんな国で、どんな文化なのかも分かりませんでした。でもエンチャイルドの「世界の子供たちを元気にしよう!」というモットーに共感し、そこに大きな喜びを感じていたので、インドネシアの支援を始めると聞いた時から、「インドネシア訪問ツアーの一期生になりたい!」という強い思いがありました。

17554512_1878768482339667_3337215315570722532_n
カルタジャヤ校の児童たちと

 スタディーツアーの参加者は多くありませんでしたが、だからこそ共に参加したメンバー、現地の人たちとの交流が濃密なものになったと思っています。
 観光はもちろん、バリ島バトゥール山麓での植林活動、支援校での姉妹結縁、児童たちとの交流、スラム地域への訪問など、印象に残る経験ばかりでした。

インドネシア

 ツアーでは、バリ島とジャワ島のスラバヤを訪ねました。
 バリは観光地が多く、外国人がたくさんいました。ヒンズー教徒が多い地域で、ヒンズー教の寺院や文化に溢れていました。
 一方、ジャワ島はイスラム教徒が多く、女性は小さな子供たちもヒジャブ(イスラム教における被り物)を着けている姿が多く見られました。同じ国の中でも宗教の違いがありましたが、それぞれの信仰を大事にし、互いに尊重し合っているように感じられました。


017498423_1875717405978108_2553201793646333278_n
バリ島では植林活動も

 スラバヤで訪問したカルタジャヤ校の子供たちは私たち日本人を笑顔で迎えてくれました。
 
 学校では代表の児童との姉妹結縁、文化交流を行いました。
 言葉は通じなくても心は通じているという感覚をもちました。言葉が通じなくても、文化を通して交流できることは素晴らしいなと、改めて感じました。

17458222_1875717569311425_8470761860431578089_n
カルタジャヤ校の高校生たちが民族衣装で踊りを披露してくれました

IMG_0005404

17523062_1875780419305140_2668016306866125702_n
交流の時間のプログラム一つとして
日本の支援者が現地の子どもたちに折り紙を教えました


17457502_1875780399305142_8065276360633982915_n

17457966_1875780179305164_6043268652857110869_n

17498518_1875780269305155_3970286776021677305_n

 現地の子供たちは伝統的な踊りや楽器演奏を披露し、私たちは「ドラえもん」の主題歌をインドネシア語で歌い、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」のダンスを披露しました。会場の子供たちもとても元気に一緒になって歌い、踊ってくれました。

 また、学校の先生や東ジャワ州の観光局の関係者のかたがたの前で、五輪真弓さんの「心の友」という歌を披露する機会もありました。
 この歌はインドネシアでは広く知られていて、とても人気のある曲だそうです。
 
 「心の友」を一緒に日本語で歌えたことも、国や文化を超えて心が通じ合えた瞬間でした。「言語や宗教が違っても、歌や文化を通して心を通じ合わせることができる、家族になれる!」と実感した7日間でした。

17498543_1875819702634545_3052779027194788533_n
スラバヤのスラム
この線路を一日数便の電車が走る

17498921_1875820005967848_227609056010160760_n
スラム(都市部で極貧層が居住する過密化した地区のこと)の子どもたち

17457985_1875718412644674_5984181034359871689_n

17457637_1875718239311358_7941684605082998461_n

 日本にいれば、私たちは何の不自由もなく生活していますが、そうではない現実を知った以上、自分にできる支援を今後も継続していきたいと思いました。

(マンスリーサポーター会員、女性)


エンチャイルドへの参加方法


★読者登録お願いします★


◆エンチャイルドの海外教育支援は、ひと月一口1000円から始められます!◆
info@enchild.org


 こんにちは、エンチャイルドの広報担当、地球村山歩です。

 エンチャイルドは2016年、2017年の2年間、インドネシアで教育支援活動を行いました。

IMG_02228
インドネシア・スラバヤ市のカルタジャヤ校の生徒たちと

 インドネシアでの教育支援活動はジャワ島のスラバヤ市で行いました。主に学校への図書支援、パソコン支援、フィーディング・プログラムでしたが、インドネシア・スタディーツアーではプログラムの一つとしてバリ島での植林活動も行いました。

インドネシア
↑地図の緑色の部分がインドネシア
活動はバリ島とジャワ島のスラバヤで行われた


 2016年9月に行われた事前視察の様子を写真で紹介します。

IMG_02239
支援先となった「SMA KERTAJAYA」校(幼稚園~高校)
同校は私設の学校で、貧困層の子どもたちが教育を受けられるよう
有志の皆さんによって運営されている

 IMG_02185
高校生の授業を参観

IMG_04697

IMG_02196

IMG_02195

IMG_02206
手作りの楽器で演奏を披露してくれた高校生たち

IMG_02235
高校生たちは明るかった

 次回はインドネシア・スタディーツアー参加者の体験記をお届けします。


エンチャイルドへの参加方法


★読者登録お願いします★


◆エンチャイルドの海外教育支援は、ひと月一口1000円から始められます!◆
info@enchild.org


↑このページのトップヘ